土地や建物の購入方法と所得について知ろう


フローリングのある家

情報を調べる

土地を購入する場合、多くの人はその処遇に頭を悩ませるものです。土地の価値を見極め、利用することにより多くの利益を得ることが出来るため、常に土地についての情報は確認する必要があります。

Read more »


構築のキレイな家

発注した人の意見

マイホームブームにより新築の一戸建てを購入する人は多くいますが、どのような住宅が良いかが分からないものです。注文住宅を発注した人の声を聞くことで、どのような住宅にするべきかが分かるでしょう。

Read more »


作業風景

コンセプトの違い

ハウスメーカーごとに、建てる注文住宅のコンセプトは違っているものです。低価格を売りにするハウスメーカーもあれば、より環境に優しい省エネ住宅を提唱するハウスメーカーも存在するのです。

Read more »

オススメリンク

  1. 兼六ホームの評判まとめサイト

    兼六ホームの評判はこちらから気軽にチェック出来ますよ。住まいの選択に悩む方にこそオススメなので、ぜひココをクリックしましょう!

種類がある

外見のキレイな家

土地を貸し出す場合、そこには税金が発生します。個人が貸し出すのであれば、所得税が課されます。土地を貸し出す方は、賃貸業務に関する知識のみでなく、所得税に関する知識も付ける必要があります。貸し出す際に注意しておきたいのは、所得の取り扱いの違いです。所得税は、収入を10種類に分けます。注意したいのは、それぞれの収入によって、所得の計算方式が変わってくることです。土地の貸し出しから得られた収入は、通常、不動産所得と呼ばれます。ですが、貸し出す際に受け取る権利金の額が時価の2分の1以上になると、譲渡所得となります。この2つでは、所得の計算の仕方も、所得税の計算上の取り扱いも変わってきます。どちらに該当するのか、そして、どう取り扱うのかをしっかり把握しておきましょう。

権利金が土地の時価の2分の1以上になると、譲渡所得として扱われると述べました。それ以外の場合、不動産所得になるのですが、どちらの方が良い悪いとは一概には言えません。ただ、譲渡所得となる場合には、ここだけ注意して下さい。それは、土地の所有期間です。譲渡所得は、他の所得とは分けて所得税を計算されます。譲渡所得単独で、所得税率を乗じられるのです。その税率は所有期間によって変動してきます。所有期間が5年を超える場合、税率は半分になるのです。権利金が土地の時価の2分の1以上になるときは、所有期間が5年を超えているかどうかを確認しましょう。相続した土地である場合、故人の所有期間を引き継ぐことが可能です。相続した土地を貸す方は、覚えておいて下さい。



男性作業員

安く建てられる

注文住宅といえば、多くの人が高額な家となるのではと危惧を抱くものですが、特別に安いローコスト住宅を建てる事もできます。業者に委託することで、住みやすく安い家を得ることができるのです。

Read more »


作業風景

何処でも利用できる

賃貸物件は、多くの地域に存在するため、どの地域で住む場合でも利用することができます。賃貸なので、持ち家と違って別の地域に移り住む場合でも簡単に引っ越しができるため、引っ越しが多い人にうってつけなのです。

Read more »